TOP スクールライフ

2021年度 行事記録

  


4月

7日

 

新任式、転退任式を行いました。

 

 

今年総社高校に赴任された先生方の新任式を行いました。また、昨年度末の人事異動で,これまでお世話になった先生方が転退任されました。これまで本校のためにご尽力いただき,本当にありがとうございました。また,今年新たに本校に来られた先生方,総社高校をよろしくお願いします。

   

 

 

 

 

8日

 

入学式

 

2021年度の入学式が行われ,家政科34名,普通科228名の総勢262名が新たに総社高校生の仲間入りをしました。

   

 

 

19日

 

小論文講演会を行いました。

 

「学研教育みらい 高大教育事業部」の玉田真由美様にお越しいただき、3年生対象の小論文講演会を行いました。小論文の書き方について、基礎から丁寧に教えていただきました。

       

 

 

28日

 

球技大会を行いました。 

 

28日に3年生が吉備路アリーナで球技大会を行いました。詳細は特設ページをご覧ください。

 

      

 


5月

19日

 

家政科進路講演会

 

ベネッセコーポレーションの乃万亮様にお越しいただき、1,2年生の家政科対象で進路講講演会を行いました。新型コロナウイルス感染防止のため、対面ではなくリモートで行われましたが、講演を通して、1,2年後の進路実現に向けてこれから何をするべきか深く考えることができました。

 

 

        

 

 


6月

23日

 

3年生家政科浴衣の日

 

6月23日に,家政科3年生は浴衣の着付けを行いました。5時間目には浴衣姿で物理基礎の授業を受けました。

 

      

 

 

    

 

 


7月

2,3日

 

3年生普通科進路講演会

 

7月2日(金)に3年生の普通科生徒対象で、3日(土)には保護者対象で 「日本進路指導推進協議会」会長。群馬医療福祉大学入試広報センター長・特任教授の山口和士先生による進路講演会が行われました。講演後に個別質問対応をしてくださるなど、3年生それぞれが進路実現に向けて意識が大きく高まるような会にしてくださいました。

 

3日

 

2年生希望者対象看護出前授業

 

7月2日(土)に、将来看護の職業に興味を抱く2年生の希望者対象で 医療法人 仁徳会 森下病院 看護総師長の峰山一枝先生による看護出前授業が行われました。多くの生徒が参加し、講演や実践的な体験活動を通して、看護とはどのような職業かを理解し、より興味を深めることができました。

 

 

           左:進路講演会 中:進路講演会(山口 和志 先生) 右:看護出前授業(峰山 一枝 先生)      

 

 

 

31日

 

聞き書き講座が行われました。

 

第12回高校生による「聞き書き」2021~持続可能な未来へ 研修講座が7/31に行われました。「聞き書き」とは、地域の伝統や文化の継承に関わられていたり、地域課題に取り組まれていたり、地域への熱い想いをもたれている方からお話を伺い、それをまとめることを通して想いや志を知り、それと向き合い、受け止めることで、将来の自分の在り方・生き方を見つけていくことを目的に行われています。 岡山県の県内4校の高校生と大学生で、北海道教育大学釧路校もZoomで参加していただきました。 今後、生徒たちは地域の方々にインタビューをして、その内容を発表していきます。

   


8月

 

27日

 

 

インドネシア高校生とのオンライン国際交流会  

 

   

 

  8月27日(金)インドネシア・ディポネゴロ高校生20名と総社高校生16名で、第1回 オンライン国際交流を実施しました。

   お互いの自己紹介、学校紹介から始めましたが、両校生徒ともに少し緊張している様子でした。しかし、総社高校からの学校・地域に関する○×クイズになると、次第に緊張もほぐれ、笑顔が見られるようになりました。

   ディポネゴロ高校からは、伝統的舞踊の披露がありました。華やかな衣装に包まれたインドネシアの生徒が校庭で舞う姿を総社高校生は熱心に鑑賞しました。

 

   生徒の感想より 「自分の英語が伝わる喜びや楽しさが実感できて、これからも英語力を向上させていきたいと思いました。」(2年女子) 「食べ物、校舎など文化の違いに改めて驚きました。コロナが収束したら、実際にインドネシアを訪れて交流したいです。」(1年女子)

 

  

 オンライン上であっても相手の顔を見て話ができることが、楽しくもあり貴重な経験であったことが、生徒の感想から伝わってきます。海外との往来が自由にできないコロナ禍であるからこそ、できることを見つけて国際交流を継続していきたいと思っています。次回の交流会に向けて、しっかり準備していきたいと総社高校生は意欲的です。   この交流会に関してご尽力くださった学校評議員 長木愛先生、岡山青年国際交流会 井本亜希副会長(当日もコーディネーターとして会を進行してくださいました)本当にありがとうございました。


9月

 

3日

 

 

総高祭(文化の部)

 

 

1年生のクラス展示,2年生のステージ発表のほか,ファッションショーや部活動・委員会の展示,有志による発表など内容盛りだくさんでした。

    

 

 

4日

 

総高祭(体育の部)

 

 

全力で走り,全力で踊り,完全燃焼の1日でした。

     

 

17日

 

2年生普通科対象進路講演会が行われました。

 

 

近畿大学 入試センター 屋木 清孝先生による進路講演会が行われました。新型コロナウイルスによる影響から、リモートでの実施となりましたが、先生のユーモアあふれる御講演に生徒たちは聞き入っており、受験への意識向上と、自分たちの現状を見つめ直す良い機会となりました。

       

 

 

18日

 

共通テスト対策講座

 

 

代々木ゼミナール 講師 森谷 慎司 先生(数学) 及び、船口 明 先生(国語)による共通テスト対策講座が行われました。3年生は、3ヶ月後に迫った共通テストに向けて、自分にどんな知識や力が必要かを知ることができました。2年生も少人数参加し、次年度に向け意識を高めることができました。

       

 

 

22日

 

総合的な探究の時間・課題研究ポスター発表

 

 

総合的な探究の時間で、2年生による課題研究ポスター発表が行われました。1学期からグループごとにテーマを決め研究及びポスター作成を行い、その成果を発表しました。また,岡山県立大学 情報工学部 情報システム工学科 助教 金﨑 真人 先生にお越しいただき、発表の評価及び講評をいただきました。生徒にとって、直に大学の教授からアドバイスをいただく良い経験となりました。

          

 

 

24日

 

進路講演会が行われました。

 

全学年対象に,「人生を深く考え,勉強を深く考える」というタイトルで作家の木村達也先生にリモートで講演をしていただきました。「なぜ勉強をするのか」,「大学に行く意味は何なのか」等を,先生自身の経験も交えて話していただきました。最後は質疑応答も行われ,本校生徒から何名かが木村先生に質問をしていました。(3枚目は生徒が質問をしている様子です。)

   

 


画面topへ