サイエンスセミナーを行いました

12月7日(水)、2学期末考査終了後に、本校の合併教室でサイエンスセミナーを行いました。

講師に日本スペースガード協会の奥村真一郎先生をお招きし、『生まれくる星と滅びゆく星  ~生命を生み出す宇宙の活動~』と題してお話をしていただきました。

本校からは1・2年の自然探究コースの他、希望者の生徒や教員を含め60名弱が参加しました。

お話の中では、惑星・彗星・スペースデブリ(宇宙ゴミ)についての説明や、実際に観測されたそれらの映像や動画を見せていただきました。

また、先生が勤務されている協会の実際の仕事内容の話等も聞くことができました。

具体的でわかりやすい宇宙の話に生徒は興味津々。講演後の質問タイムでは多くの質問が生徒より飛びだし、和気あいあいとしたムードの中、講演会が閉会しました。

今回の講義を聞いて、宇宙に興味を持つ生徒が増え、自分の進路の決定に少しでも役立てられれば良いですね。

奥村先生、ありがとうございました。

以下は参加した生徒の感想文より抜粋しました

星は、小さい頃からずっと好きで、よく友達と流星群を見に行ったりしていたのですが、今回の講演を聴いたことで、ただキレイと感じるだけでなく、なぜこのようなことが起こるのか、などといったことも分かったので今までとは違った楽しみ方もできると思います。今日は、本当にありがとうございました。(2年・男子)

自然探究コースではないけれど、聞きに来て価値のあるものだと思った。提示された星雲などの写真はとてもきれいだったし、星の一生など詳しく聞くことができてとても良かった。これから近づいてくる惑星とか宇宙ゴミとか知らないこともたくさん知ることができた。宇宙という場所はとても神秘的で、私からはとても遠い場所だけど夜空を見上げてきれいだなと毎日思います。貴重な体験をすることができてとても良かったです。(1年・女子)

 

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン